昨日は夏だ暑いだとは言ったけれど、まごうことなき秋って感じ、だね。

 

今週のみちくさ教室は寄せ植え。開講している枠もすくないしサマーランド明けだからかな。どの回も比較的穏やかでプライベートレッスンのような時間。

 

今朝の教室に参加された生徒さんは四人。
みんな土いじりの経験はない。あるのは子供の頃の記憶だけ。

 

根や葉に触れる指先の感覚は、切り花のそれとはまた違ったもの。自由に伸びた根をゆっくりほぐして確かめながら、新しい自分の庭へと移し替える。

 

みんな大事に育て”続けて”みてね。報告待ってるよ。

今回のSOLOのケーキはかぼちゃのプリン。美味しそう。
前回のサマーランドに参加した生徒さんは自分で作ったみちくさノオトを持ってきてくれた。こうやって次の教室に繋がって、お花と触れる機会をどんどん増やしていってほしいね。

教室の枠が少なくなっていることは本当に申し訳ないのですが、少人数になったことで生徒さんたちとゆっくり話ができる機会が増えて、なんだか昔のみちくさ教室に戻ったよう。
お互いのこと、出会いやパートナー、友達とか仕事とか。
普段、互いのフィールドが違うからこそ話せること教えてもらえることがいっぱいある、そんな場面をよく見かけるようになった。

下の名前を呼びあって自己紹介をしてたり、互いの話を興味深く聞いてる楽しそうにしている場面を見ると、我ながらやっぱりみちくさ教室っていい場だなーって思う。

パートナーのことで悩んで泣いてたあの子のことを思い出したり、みちくさ教室で気の合う友達を見つけたふたりのこと、必死に二人の子を育ててるあの子の泣きじゃくる赤ん坊をあやしたこと。

みんなみちくさの教室で出会った子たち。

今日出会った四人も今日が新たな始まりになるといいな。

また、いつでも待ってるね。