9月1日(金)
9月になった。暦の上で秋の始まりを知らせる立秋を過ぎれば秋の気配を感じますね、なんてことは高湿度名古屋シテイにはない。

夏に夏らしいことはしたいものの、ロクにできないまま過ぎてしまった。
おセンチな追憶にふけるのも夏。
9月最初の日曜日は流れの良いプールへでも出かけよう。


 

みちくさ教室の生花主義は、まだ遠い。
今週からは寄せ植え教室、「気まぐれスクランブルGGG」が開講中。GGGはグリーングリーングリーンを略したものだけれど、相変わらず特に意味はない。

育てることは難しい。厳密に言うと育て”続ける”ことは難しいと思っている。
育てることにリミットがあるのなら、きっとなんとかできそうなものだ。ゴールがそこにあるのだから。

育て”続けて”いると対象物の周囲にもさまざな変化が起きやすい。
環境、温度、モチベーション、メンタル、浮気心、あとナニか。

がっぷり四つで組み続けるのはしんどい。適度に離れてみたり、ほったらかしにする(される)のも案外良かったりするものだ。

育てることに正解はない。与えられたストーリーを経た結果、正解と思うか誤りだったか。
しっかり配合した最高級ブレンド土を用いても環境が合わなければ育むことは難しいだろう。与えられた肥料が自分にあっていないと分かっていても、なんとなく感覚がすごい合っているということもある。

あんまり頭いっぱいにして考えることなどない。ほどほどでいいと思う。
もちろん、必ず必要とされているコミュニケーションと愛情は欠かさないのが育て続ける条件。

何のはなし?植物の育て方。